がんになった場合の保険

がん治療の3大療法は、「手術」「抗がん剤」「放射線治療」と言われています。がん保険に入る際に注意していただきたいのは「放射線治療特約」という部分です。現在医学は発展して、手術で切らなくても、切らずに放射線で治療しようというものがあります。乳がんなどでは特に切りたくないと放射線治療をする方もいるでしょう。そんな際にもし加入している保険が「放射線治療特約」というものが入っていた場合は、気をつけなければならないのが放射線の放射を数でいくつ以上と決められている場合があるのです。部位が大きいがんの放射の場合のみ保険給付金がおりるというパターンがあるのです。これは、放射線をあてる大きさは自分では決して決められないことなので要注意です。放射線治療というのは数十日に1回のものから何度もかよ続けて数回打つものもあると思います。大抵の場合回数に上限がある場合が少ないですが、最近、医療技術が発展しより少ない量で放射線をあてる治療が増えています。被ばく量をおさえるために放射部位は少ないほうがいいですからね。そうすると保険で設定した大きさに届かないことが多くなってくるのです。医療技術はどんどん進歩しますからそのあたりもよく考えましょう。