保険にはタイプがある

生命保険には主に3つのタイプがあります。定期型、終身型、養老型です。死亡時に保険金を受け取れるのは全て同じですが、それ以外の部分に違いがあり、毎月の保険料も大きく違うので、特徴をふまえた上で加入したいところです。 定期型は期間を定めて加入し、その間に死亡した場合保険金を残された家族が受け取れます。掛け捨ての場合がほとんどなので、同じ保険金でも終身型と比べると保険料は大幅に安くなります。終身型に入っているけれど、子供の成長期などお金がたくさんかかりそうなときに、追加で加入する時などに便利な保険です。 終身型は、原則として生涯保険料を支払い続けます。死亡時に保険金が支払われますが、途中で解約して現金を手にすることを選択することもできます。これを解約返戻金といいます。 長い期間、保険料を納めていた場合、解約返戻金が支払った保険料総額を上回ることもあります。死亡時にお金をもらわなくてもいいから、生活資金がほしいといった場合は解約のタイミングを見計らうことが重要になります。 養老型は、期間を決めて積立預金のようにするパターンが一般的です。毎月の保険料は高くなりますが、保険会社が運用益をたくさん出せば、満期時に受け取れる金額が大きくなります