家族を持つ場合の生命保険の必然性

もし自分に家族がいたら、さらに自身に子供がいるのならば、生命保険への加入は必然的なものになるでしょう。子供を育てるのにかかる費用は、大学に入学させることを想定すると平均で2000万円近くかかると言われています。2人子供がいるとすると、単純計算で4000万円というお金が必要になります。もし働き盛りの時に、不測の事態が起こってしまったら、残った家族は一体どうなってしまうでしょうか。子供が語る将来の夢を聞き、将来をサポートしてあげたいと思う事は、親ならば必ずあるはずです。そんな子供の将来のためにも、生命保険からおりる保険金が必要になる事があるかもしれません。私の小学校の友人は、幼いうちに父を亡くし、母子家庭で育ちました。私の母から聞いたのですが、友人の父親は生命保険に加入していたため、友人家族は保険金によってゆとりある生活を送る事が出来てい様です。割と立派なマンションに住んでいたのですが、引っ越す事もなく、友人とその兄も大学まで進学していました。おそらく亡くなった友人の父も、天国で安心していた事だと思います。生命保険は家計を圧迫すると言う理由から、加入を渋るケースも多くあります。しかし、残された家族の幸せを願うなら、生命保険の必然性が見えてくるはずです。